大阪市で債権回収・未払い金回収なら弁護士にご相談を!

ご来所いただいた方はご相談30分に限り相談無料

受付時間 【平日】9:30~18:30【土曜】9:30~15:00050-5257-4052
無料相談予約

女性弁護士が親身に丁寧に対応します。中小企業・個人事業主のための債権回収

ねばり強く、全額の早期回収を目指します!

債権回収でこのような悩みは、当事務所が解決します!

大阪で中小企業・個人事業主が弁護士への相談で一番多い悩みは「債権回収」

  • 取引先が売掛金の支払いをしてくれない
  • 債権支払いの催促をしても、全然支払ってくれない
  • 取引先が倒産して未払金に困っている
  • オフィスの家賃を滞納されて困っている
  • 大阪で債権回収の得意な弁護士を探している
  • 未収金を支払ってもらう方法がわからない
  • 債権回収の相談をしたいが、弁護士へ相談しにくい
  • 相手に弁護士が入っていることを知られたくない

お困りの方はお気軽にご相談ください!大阪で債権回収に強い弁護士が解決策をご提案します。

当法律事務所が選ばれる3つの理由/女性弁護士対応。女性ならではの丁寧さと話しやすさがあります。

大阪で債権回収・未払い金回収はあわざ総合法律事務所が解決します。女性の弁護士が分かりやすく丁寧に対応いたします。

優れた回収率
債権・売掛金回収には様々な方法があります。ご依頼頂いた方の状況に合わせて最適な方法で早期解決を目指します。これまでの債権回収の経験・ノウハウを利用して最善の方法をご提案致します。専門弁護士のアドバイス、お手伝いによって1円でも多く回収を目指します。優れた回収率イメージ写真
専門弁護士による交渉
債権の回収には、当事者間で、あくまで話し合いで解決する任意的手段と、裁判所等が介入して強制力をもって解決する法的手段によるものがあります。内容証明や支払い催告から強制執行や訴訟など、未払金の発生など問題が生じた場面・相手方に応じて、適切な方法を選択することが必要です。大阪での交渉はお任せ下さい!
回収額へのこだわり
債権・未払い金は全額回収したいというのが債権者の思いです。全額回収を目指しどんな状況でも1円でも多く回収するという回収額へのこだわりはご依頼者の方と同じです。我々、弁護士がお手伝いすることで問題を早急に最善の方法で解決出来るように一緒に交渉を行っていきます。回収額へのこだわりイメージ写真

弁護士に依頼するメリットとは?

内容証明郵便で請求書を弁護士が代理人として送付するだけでも、
債権を支払ってくれる場合があります。
また、請求先の会社が倒産しそうなときは、時間との勝負です。
弁護士に依頼することで状況に応じて法的手段を利用した対応が可能になります。

あわざ総合法律事務所では、スムーズな手続きと回収額にこだわり、
依頼者と一緒に粘り強く対応致します。

状況に応じて最善の手を打ちます。

駅近くで、車でのアクセスも便利!

大阪からのアクセスもとても便利です!

電車

地下鉄 阿波座駅から徒歩0分!(1番出口)

車

中央大通沿い、高速・阿波座IC直ぐ!
近隣4か所、駐車スペースあり!

自転車

駐輪場もあり! (有料市営)

詳しくはこちら

債権回収のご相談から回収までの流れ

大阪でご相談いただいた債権回収の流れや方法についてご説明致します。

  • 1.ご相談ヒアリング
  • 2.戦略を立てる
  • 3.回収方法のご提案
  • 4.債権回収
  • 5.回収完了

弁護士に依頼することで、相手方との交渉や調停・裁判の手続きなどを弁護士が代わりに行うことができます。
これにより、ご自身でご対応される場合の手間や直接相手方とやりとりする精神面でのご負担を軽減することになります。

詳しくはこちら

債権回収のご利用料金

大阪のお客様へ
当事務所ではお客様に安心してご利用いただけるよう、弁護士報酬基準を採用しております。

  相談料
初回30分 無料
以降25分ごと 4,000
  着手金
催告サポート(内容証明郵便) 3~5万
督促サポート(支払督促) 5~10万
交渉サポート 10万
訴訟サポート 10~30万
電話相談サポート 25分ごと 5,000
顧問サポート 月額4,000~3万円

初回の30分間は無料。以降、25分間ごとに 4,000円。
ご相談当日にご依頼いただいた方はすべての相談料が無料になります。
※上記、別途消費税がかかります。

詳しくはこちら

ご来所いただいた方はご相談30分に限り相談無料

私たちは大阪周辺の依頼主の悩みを丁寧にお聞きして最善の解決策をご提案させて頂きます。
ご相談をご希望の方は、こちらよりご予約ください。

ご安心してご相談ください!債権回収のご相談は30分に限り無料!

無料相談予約

受付時間【平日】9:30~18:30【土曜】9:30~15:00

052-5257-4052

Q&A用語解説

債権に時効があるって本当?
はい、債権には時効があります。当事者が何もしなければ、債権は一定の期間が経過することで消滅してしまいます。この消滅時効を止める方法としては、内容証明郵便の発送や訴訟提起などが考えられます。必要となります具体的な方法につきましては、事案ごとに専門家である弁護士にお尋ねください。
契約の際に契約書や担保を取っていませんが、大丈夫でしょうか?
契約書が無い場合、他の書類や資料(メール履歴・録音・銀行送金の取引履歴等)によって債権を証明することになります。しかし、難しくなる場合が多く考えられますので、原則として、契約書や担保は、契約と同時に確保することが好ましいといえます。当事務所では、契約書の作成・チェックについても取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

Q&A用語解説をもっとみる

ページの先頭へ戻る