債権回収に関するよくあるご質問と回答について

ご来所いただいた方はご相談30分に限り相談無料

受付時間 【平日】9:30~18:30【土曜】9:30~15:00050-5257-4052
無料相談予約

債権回収Q&A

トップページ › 債権回収Q&A

中小企業 債権回収Q&A(良くあるご質問とその回答)

このぺージでは、債権回収に関する良くあるご質問とその回答についてまとめてあります。

債権に時効があるって本当?
はい、債権には時効があります。当事者が何もしなければ、債権は一定の期間が経過することで消滅してしまいます。この消滅時効を止める方法としては、内容証明郵便の発送や訴訟提起などが考えられます。必要となります具体的な方法につきましては、事案ごとに専門家である弁護士にお尋ねください。
契約の際に契約書や担保を取っていませんが、大丈夫でしょうか?
契約書が無い場合、他の書類や資料(メール履歴・録音・銀行送金の取引履歴等)によって債権を証明することになります。しかし、難しくなる場合が多く考えられますので、原則として、契約書や担保は、契約と同時に確保することが好ましいといえます。当事務所では、契約書の作成・チェックについても取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。
商品にクレームをつけ支払ってくれません。
法的に正当なクレーム(反論)かどうかを見極めるため、まずは専門家である弁護士にご相談ください。状況を分析し、適切な方法で対処させていただきます。
裁判で勝訴したが相手が支払ってくれません。
相手方の資産が判明すれば、強制執行により回収することも期待できますが、もし資産が判明しない場合でも、相手方の仕事や家族の状況により、紛争解決の余地がある場合もあります。

ご来所いただいた方はご相談30分に限り相談無料

私たちは大阪周辺の依頼主の悩みを丁寧にお聞きして最善の解決策をご提案させて頂きます。
ご相談をご希望の方は、こちらよりご予約ください。

ご安心してご相談ください!債権回収のご相談は30分に限り無料!

無料相談予約

受付時間【平日】9:30~18:30【土曜】9:30~15:00

052-5257-4052

ページの先頭へ戻る